銀行借入 手形貸付の体験談

銀行借入を手形貸付で行った武藤さんの体験談

銀行の借入をしたのですが、資金用途によって短期の借入と長期の借入って有るそうです。
で、私が今やっている事業は一年もあれば、何とか目処がつくのではないか、というものだったので、短期の借入を希望したら、手形貸付を勧められました。
割引手形と同じように、限度枠を設定することができるのですが、不動産を担保にしないと枠を設定することが難しいようです。
とは言え、私が借りる額はそんなに高額でもなかったため、難しい設定は一切しませんでした。

 

ちなみに、枠設定をすると、急に資金が必要になったときには便利で借りやすいのが魅力なのですが、期日が来ても書換が当たり前になってしまい、ベタ借りになってしまいます。
借りグセがついてしまうと、中小企業の経営がつらいのに、更に辛くなっちゃうじゃないか、と思いつつ借りました。
ちなみに、何の業種ですか、と言うと卸をやっています。

 

自分一人のほそぼそとした会社だし、事業資金がたりないからと言って、あんまり借りるのもなー、と思いつつ。
でも、銀行の営業さんに、よくしてもらっているから、顔も立てて上げないとな、という感覚もありつつです。
付き合いで借りるってこういうことをいうんじゃないんでしょうかね。

 

でもまあ、借りないでやっていけるんですか、と言われたら、自分一人で何とか色々頑張るから、何とかなりますけど、少しは借りた方が楽だっていうのは本当ですね。
この間、取引先が借りすぎてダメになった話を聞いて、もう少し返済期限を早めた方が良いのかな、と考えてしまいました。