銀行借入 当座貸越

銀行借入の種類:当座貸越

当座貸越とは、当座預金の口座を利用した借入です。
企業が当座預金の口座を開設しているときには、決済は当座預金口座で行われることが多いでしょう。
入金も出金も当座預金口座を用いて行われることが多いのです。

 

小切手を振りだしたときには、受け取った会社がそれを現金化すると、当座預金の口座から引き落とされることになります。
このときに残高が十分にあればよいのですが、取引の状況によっては残高が不足していることもあるでしょう。

 

もしも残高が不足していて、そして小切手を換金できなかったり、あるいは手形を支払うことができなかったりすると、企業にとっては信用問題に繋がることになりますから、あまり好ましい状況ではありません。
このような状況を防ぐためのものが 当座貸越です。

 

当座貸越の契約をしておけば、当座預金の口座の残高が不足していても、一定金額なら銀行が代わって支払ってくれます。
ですから、当座預金の残高の心配をしすぎる必要はないのです。
当座貸越を利用するためには、事前に契約を結んでおくことが必要となります。
そして、そのときに金利も決定することになります。直接的に現金を手にすると言うものではありませんから、借入という少し異なると思いますが、残高がなくても支払ってくれると言う意味では借入をしているのと同じでしょう。

 

いざというときのためにも、 当座貸越の契約を結んでおくと、何かと便利でしょう。
ただし、借入ですから、利用すれば利息を支払うことは必要となります。