銀行借入 信用保証協会

金融機関別に必要な借入の知識:信用保証協会

信用保証協会は法律によって設立された公益法人です。
信用保証というのは、債務を保証することを指します。
特に、中小企業が金融機関から借入をするときに、その債務を保証する業務を行っています。

 

金融機関は、融資をする事によって信用リスクを負うことになります。
信用リスクとは、融資した資金が返済されないリスクを指します。
大きな企業への融資なら信用リスクは低いでしょう。
しかし、中小企業に融資をするとなると、やはり信用リスクは非常に大きいと考えられます。

 

信用リスクが高いと、金融機関は貸し出しを渋ることもありますし、また非常に高い金利で貸し出すことになるでしょう。
中小企業は借入をできず、資金繰りがうまくいかなくなる可能性があります。
これが深刻化すると日本の産業が低迷してしまう可能性があるのです。
そのために、政府としては中小企業が借入をできるように信用保証協会を設置しているのです。

 

信用保証協会が債務の保証を行えば、金融機関の負うリスクは非常に小さくなります。
もしも返済されなかった場合には、信用保証協会が代わりに返済をしてくれるわけですから、金融機関としては融資を行いやすくなるのです。
これによって、中小企業は金融機関からの借入をしやすくなるのです。

 

信用保証協会は非常に優れたものですが、民業を圧迫しているという批判もあります。
民間企業の中にも信用保証をする会社が登場していますから、存在自体が批判されているとも考えられているのです。