銀行借入 政府系金融機関

金融機関別に必要な借入の知識:政府系金融機関

借入をする先としては政府系金融機関があります。
政府系金融機関とは、法律に裏付けられている金融機関で、特殊法人として存在します。
一般的な金融機関と比べると、有利に借りることができる場合も多いですから、利用しやすいと言う特徴があります。

 

具体的には、日本政策投資銀行、日本制作金融公庫、住宅金融支援機構などがあります。
民間にも銀行や信用金庫などがありますから、借入を行うこともできます。
それにもかかわらず政府系金融機関がある理由としては、制作を達成するための目的があるからです。

 

民間の金融機関では達成できないような目的を達成する目的で作られたと言えるでしょう。
例えば、日本政策金融公庫は中小企業などに積極的に融資を行ったり、あるいは中小企業の債務に対する保険をかけたりしています。
民間の金融機関はリスクを負うことができないために、中小企業には積極的に融資を行おうとは思わないのです。
この部分を補完するために日本政策金融公庫が積極的に融資を行っているのです。

 

住宅ローンをについても、民間の金融機関は固定金利での貸し出しをあまり好まないために、政府系金融機関として住宅金融支援機構が長期固定金利の住宅ローンを提供しているのです。
このように、政府系金融機関は色々な融資を行っていますが、民間の金融機関では借入ができないようなときに利用しやすいと言う特徴はあります。
借入をするときには政府系金融機関も選択肢の一つとして考えておくべきでしょう。