銀行借入 地方銀行

金融機関別に必要な借入の知識:地方銀行

借入先の一つとして地方銀行があります。
その特徴としては、借入に対する対応が柔軟だと言うことが挙げられるでしょう。
特に、中小企業が借入をするときには、地方銀行は利用しやすいという特徴があるでしょう。
それぞれの地域に根ざした経営を行っていますから、中小企業であっても柔軟に融資を行っていくことができるのです。

 

柔軟に対応してくれる理由の一つに、規制が緩いと言うことが挙げられます。
大きな都市銀行になると、世界を相手に金融を行わなければなりません。
世界で活躍するためには、国際的な規制に従わなければならないのです。
そのために、融資を行うときにも色々な制限があるのです。
ですから、中小企業に融資を行うときには、慎重にならざるを得ないのです。

 

地方銀行は、主に国内で営業をしていますから、国際的な会計基準は関係してきません。
ですから、都市銀行に比べると融資を行いやすいという特徴があるのです。
また、地方銀行は地域によっていろいろな違いがあると言えるでしょう。
その地域の経済や文化を反映することも多いのです。

 

例えば、名古屋金利という言葉があります。
名古屋は全国に比べると金利が低いと言う傾向があります。
その背景には、名古屋には優良企業が大きいと言うことが挙げられるでしょう。
また、文化として借金を好まないということも理由として挙げられます。
地方銀行はそれぞれの地域の文化なども反映して営業をしていますから、地元に根ざした企業なら地方銀行のほうが借入をしやすいでしょう。