銀行借入 メガバンク

金融機関別に必要な借入の知識:メガバンク

メガバンクとは全国展開している銀行のうちのいくつかを指します。メガバンクとしてどこまでを指すのかは状況によって異なりますが、時価総額の大きい3つを3メガバンクと呼ぶこともありますし、もう一つ加えて4メガバンクと呼ぶこともあります。

 

共通点は日本全国に支店を持っているということが挙げられます。
また、子会社をたくさん持っていて、金融グループの中核になっているという今日津店もあります。
国内だけではなくて、海外にも子会社を持っている銀行もあるのです。

 

借入をするときにはメガバンクから借入をすることもできます。
傾向としては、借入の規模が大きいと言うことが挙げられるでしょう。
小さくても数千万円程度から1億円くらいが基本的な金額だと考えておきましょう。
大きな資金を借りたいときには、メガバンクが適していると考えられます。
三井住友銀行カードローン│銀行で借りたい方におすすめ│借入123でも取り上げられています。

 

また、全国展開している企業や、あるいはグローバル展開している企業なら、メガバンクと取引をするメリットは大きいと考えられます。
ただ、メガバンクは審査が厳しいという傾向があります。
借入をするためには審査を受けなければなりません。
収益のあまり優れていない企業の場合には借入ができない場合も多いでしょう。

 

保証人が必要になる事も多いでしょう。
通常は代表者が保証人になるのですが、一人だけではなくて複数の保証人が必要となる場合もあります。
ある程度の信用力がないと借入はできないと考えておくべきでしょう。