銀行借入 証書貸付

証書貸付

企業が銀行などの金融機関から借入をする方法の一つとして証書貸付があります。
証書貸付とは、貸付をするときに少々を作成するものです。どのような内容が記入されるのかと言うと、借入期間、金利、返済方法などがあります。

 

証書貸付は、比較的長期間にわたる借入を行うときに利用される場合が多いでしょう。
長期間というのは、具体的には1年を超える場合を指すことが多いようです。
証書を作成していろいろな事を取り決め、そして会社の実印を押すことになるのです。

 

長期間にわたる場合には、銀行側としては貸付をするリスクは大きくなりますから、当然のことながら審査は厳しくなります。
また、リスクが大きい分だけ金利も高くなるという傾向にあるのです。
リスクが大きいために、銀行側としては保証人を要求することもあります。
企業の代表者が連帯保証人として署名捺印することになる場合が多いでしょう。

 

また、保証人としての能力が低い場合には、信用保証協会などを利用しなければならないこともありますし、不動産などを担保として設定しなければならない場合もあります。
証書貸付を利用して借入をした場合には、一定期間ごとに返済をしていく必要があります。どのタイミングで返済をするのかは選べる場合が多いでしょう。
例えば、毎月返済をしていくということもできますし、半年後とに返済をしていくということもできます。
返済方式としては、一定の元金と、それに対する利息を返済していく元金均等返済が採用されます。