銀行借入 手形貸付

銀行借入の種類:手形貸付

手形貸付は借入の一つですが、借用証書を作成するのではなくて、手形を振り出すことによって借入をする方法を指します。
借入の一種ですから利息が発生するのですが、この利息は手形の額面から差し引かれ、残りを現金として受け取ることになります。

 

手形貸付にはいくつかの特徴があります。まず、手形と言うスタイルを用いていますから、履行されやすいと言う特徴があるのです。
手形が不渡りになると企業の信頼性が崩れますから、企業にとってはまりよいことではありません。

 

不渡りを出すと、取引してくれなくなる可能性もありますから、不渡りを出したいとは思わないでしょう。そのために、普通に借りるよりも返済可能性が高くなると考えられるのです。
また、会計上は当座勘定で決済することができますから、手続きとしては簡易に済ませることができるというメリットもあります。

 

手形貸付をすれば、貸主は訴訟を起こしやすいと言うメリットもあります。
「手形訴訟」という簡易な訴訟がありますから、返済されなかったときの手続きが簡単になるため、貸主にとっては手形貸付は有利だと言えるでしょう。
また、貸主は手形割引を利用して現金化することもできます。ですから、貸主としては流動資金を確保しやすいと言うメリットもあります。

 

手形貸付は借入の一種として利用することはできるのですが、本来の手形の目的とは異なっています。金利が不利な場合もありますから、どうしても必要なとき以外には利用するべきではないでしょう。"