銀行借入

銀行での借り入れの前に知っておきたいこと

銀行 画像

事業資金など高額な融資の場合、銀行からお金を借りることがあると思います。
こちらでは銀行から借りる前に知っておいたほうがよい情報や注意点をお知らせします。

必要書類

まず、銀行から借り入れをするには必要書類がいくつかあります。
一般金融機関ですと、身分証明書や収入証明書がそれに当たりますが、銀行の場合借りる目的によって提出する書類は違ってくるのです。
例えば、事業資金を融資して欲しい場合は身分証明書の他に事業の内容やこれからの展望などを詳細に載せた事業計画書が必要になります。
この事業計画書は銀行の借り入れ審査において、とても重要な書類になりますので、簡素なものではなく、できるだけ具体的にそして詳細に記載しなければなりません。
どのような経緯で、どのくらい融資が必要なのか、また借りたお金はどのようにして返済していくのかという内容です。
ここの部分を手抜きしてしまうと、銀行側に融資の熱意が伝わらない可能性が大きいので、頑張って作成しましょう。

面談

また事業資金の場合、審査の過程で銀行側と面談するケースもあります。
提出された事業資金を基に、銀行の融資担当者と面談をするのです。
その際は、申込人の身なりなども重要な審査ポイントになってきますので、スーツ着用は基本です。
銀行の融資審査は1ヶ月以上かかることはザラですから、審査の時間も考慮して申込日を決めるということも知っておいたほうが良いでしょう。

申告

そして銀行からお金を借りる時の注意点としては、虚偽申告をしないということです。
どの金融機関でも同じことですが、他社の借り入れ状況や年収など、少しでも銀行側に好印象を与えたいがために、つい虚偽の申告をしてしまうという人も中にはいるようです。
しかし、これは銀行側に必ずバレてしまいます。
虚偽申告がバレてしまったら、その分信用は落ちてしまいますから、審査に通らないということも十分に考えられます。
なので、ありのまま本当のことを話すということを心がけましょう。


銀行借入の種類:商業手形

商業手形を銀行に買い取ってもらうことは、借入の一つの方法と考えられています。
商業手形とは、何らかの商品を購入した企業が代金を支払う代わりに振り出すものです。
一定の期日になると代金を受け取ることができることを定めた有価証券です。
ですから、それまで待てば代金は手に入るのですが、それよりも早く現金が欲しい場合もあるでしょう。
このようなときには、商業手形を銀行に買い取ってもらうことによって、銀行から借入をするのと同じ効果を得る事ができます。資金調達の一つの方法として確立されています。
(銀行借り入れについて詳しくはこちら⇒借入123|銀行系カードローン

 

商業手形を買い取ってもらうときには、一定の割合で割引されます。
これは、借入をしたときの利息に相当するものです。適用される金利は借入をしたときの金利と同じくらいですから、借入をして資金調達をするのと同じ効果が得られるでしょう。
もしも、商業手形を振り出した企業が不渡りを出した場合には、銀行に対してそれを補償することが必要となってきます。
ですから、感覚としては商業手形を担保にして融資を受けていると考えたほうが良いでしょう。

 

それならば借入をしたほうが良いと考える人もいると思いますが、商業手形を買い取ってもらうことは、会計上は借入としては扱われません。ですから、バランスシートが大きくなることはありません。経営者にとってはこのメリットは大きいために、借入をするのではなくて商業手形を買い取ってもらうと言う方法で資金調達をする事が多いのです。